京成電鉄千葉線検見川駅前の不動産「株式会社伸和住宅」 花見川区幕張・新検見川を中心に千葉県総武線沿線の新築分譲住宅・一戸建て・売地のご紹介

建築工法

AEPパネル工法

木造軸組み工法にオリジナルの断熱パネルを組み合わせ主要構造部で5倍の壁倍率を実現。地震や台風などで受ける建物への負担を柱だけでなく建物全体でカバーします。エコロジーパネルは生産工場で断熱ボードを隙間なく設置した上で現場に直送する為、現場施工時のずれやめくれ等のミスが発生しません。さらに躯体にはプレカットを採用し高密度の部材均一化が可能になり職人の違いによる品質の低下を解消し均一なレベルの住宅を供給します。現場での作業が少なく無駄なゴミが発生しないため地球環境にも優しい住宅と言えるでしょう。

パワーウッドパネル工法

良質な国産材を使い、日本に適した建物を耐震にこだわった工法で作ります。骨太構造の外壁部分に耐震パネルを貼る事によって、横方向、縦方向の地震力に耐える強い構造躯体を実現。スーパーパワーウッドは在来軸組で4倍の壁倍率で国土交通省の認定も受けています。この壁倍率は構造用合板と同等ですが、耐力壁として重要な内部剪断力は合板の2倍という優れた特性を備えています。

2×4ツーバイフォー工法

2インチ×4インチに規格化された木材と構造用合板でダイヤフラムとよばれる強靱なパネルを作製し、床1面、壁4面、天井1面の6面のダイヤフラムを組み上げ構成します。大きな空間を設計するのに適した工法です。箱状の面で支える構造なので、地震や台風に強く、6面体構造を活かした自由なプランニングが可能です。耐火性や省エネ性に優れ、設計の自由度が高いのも魅力です。

ロケット工法

FFロケット工法とは、構造用大断面集成材と専用接合金具(ロケット金物)との組み合わせによる合理化工法。人と地球に優しい次世代の木造住宅です。木のよさを生かし、主要構造材には強度を持った集成木材を採用し接合部をロケット金物によって、強固に接合する為、高耐久、高耐震、高気密性のある木造住宅です。徹底した合理化システムにより施工期間の短縮化とコストダウンを実現しています。2階建て3階建てにも出来る自由設計で大スパン箇所にも適用し、木造の良さを残しながら広い空間を実現します。自由な間仕切りで大きな部屋も可能。世帯数の変化や家族構成に合わせ自由な間取りが実現します。

当社提携ハウスメーカー